柏・流山・我孫子 周辺で『遺産分割』のご相談なら,【弁護士法人心 柏法律事務所】まで

遺産分割サポート@柏

お客様相談室

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

新着情報

遺産分割を相談する専門家の選び方

  • 文責:所長 弁護士 鳥光翼
  • 最終更新日:2020年9月11日

1 どの専門家を選ぶかはご家族の状況により変わる

相続の専門家には,弁護士をはじめとして様々な資格を持った専門家がいます。

これらの専門家は,その資格ごとにできることが法律により決まっているため,ご家族の状況によって「何が必要か」により,相談する専門家が変わってきます。

2 「遺産分割協議」と「遺産分割協議書作成」の違い

遺産分割で行うことには,大きく分けて「遺産分割協議」と「遺産分割協議書作成」があります。

「遺産分割協議」とは,遺産の分け方を話し合いで決めるもので,法律で弁護士しか行うことができないこととなっています。

「遺産分割協議書作成」とは,すでに遺産の分け方が決まっている場合に,銀行などに提出する書類の形にして,相続人全員でサインと判子の押印をすることです。この「遺産分割協議書作成」は,弁護士以外の専門家でも行うことができます。

ただし,弁護士以外の専門家が「遺産分割協議書作成」を行う場合,ご家族の間で遺産の分け方を決める必要があります。

もし,分け方の部分で折り合いがつかなかったり,もめてしまったりすると,弁護士以外の専門家は関与ができなくなってしまうため注意が必要です。

3 遺産の分け方を決めるのは大変

一言に遺産を分けるといっても,決めるべきことはたくさんあります。

例えば,法律で長男が1/2,次男が1/2といった割合自体は決まっているものの,遺産にマンションと銀行預金があった場合は,マンションも銀行預金も半分ずつ相続することは珍しいです。

実際には,一方がマンションを,もう一方が預金を相続して,差額を現金で調整することがほとんどです。

もっとも,このような最も単純な分け方をする場合でも,

 ・どちらがマンションを相続するか

 ・マンションの評価額はいくらか

 ・葬式費用はどちらが負担するのか

 ・どのような経費なら差し引いていいのか

など様々な問題が出てきます。

このように,遺産の分け方には考慮しなければならない事情がたくさんあるため,相続人の間での話し合いだけで分け方を決めるのは大変です。

4 遺産分割でお困りの場合は,まずは弁護士に相談を

遺産の分け方は決まっているからと弁護士以外の専門家に相談した場合,遺産の分け方で少しでももめてしまうと,改めて弁護士に相談しなければならず二度手間になってしまいます。

そのため,遺産分割でお困りの方は,最初から弁護士に相談することをお勧めします。

遺産分割を弁護士に依頼するメリット

  • 文責:所長 弁護士 鳥光翼
  • 最終更新日:2020年9月7日

1 遺産分割の意義

遺産分割とは,相続人が複数いる場合に,共同相続人の間で誰がどの財産を取得するのか決めることをいいます。

遺産分割の方法は,大きく3つに分けられます。

①遺産分割協議,②遺産分割調停,③遺産分割審判です。

2 ①遺産分割協議の意義

遺産分割協議とは,共同相続人の間で話し合いで誰がどの財産を取得するのか決めることをいいます。

当事者間だけで話し合ってもいいですし,弁護士をいれて話し合いをすることもあります。

司法書士や税理士,行政書士等の専門家のなかには,遺産分割協議を行う者もいるようですが,弁護士法という法律で,有料の法律相談は弁護士しか行うことはできないと定められていますので,もし,司法書士や税理士が対価を得て遺産分割協議を行っている場合,それは違法です。

また,特定の共同相続人の代理人となって,代わりに交渉を行うことは,弁護士しかできませんので,司法書士や税理士,行政書士等の専門家が行っていれば,それは違法になります。

3 ②遺産分割調停の意義

遺産分割調停とは,裁判所を通じて遺産の分け方を決めることをいいます。

遺産分割調停では,調停委員が仲介して共同相続人の間の遺産の分け方を話し合います。

個人で行うこともできますし,弁護士に依頼することもできます。

個人で行われている方もよくいるようですが,毎回遠方の裁判所へ出向かなければならない負担や,法的にどのような分け方がベストなのかを判断するためには,やはり弁護士の協力が不可欠ですので,弁護士に依頼することをお勧めします。

4 ③遺産分割審判の意義

遺産分割審判とは,遺産分割調停では話がまとまらなかった場合に,家庭裁判所の裁判官が審判という決定を行い,遺産の分け方を決めます。

こちらも個人で行うこともできますが,遺産分割審判は協議や調停とは異なり,あまり柔軟性はなく法定相続分にのっとって厳密に分けられてしまうことが多いようです。

ですので,不動産が一つしかないような場合は,共同相続人の間で共有状態になってしまい,子や孫の世代まで争いの火種を引き継ぐことにもなりかねませんので,法律の専門家である弁護士に相談することをお勧めします。

5 弁護士に依頼するメリット

以上のように,遺産分割ではそもそも弁護士以外の専門家が代理人として交渉できないことや,調停・審判には弁護士しか参加できないという法律のルール上,弁護士しかできないように規制されている部分も多いといえます。

また,相続に強い弁護士は,遺産分割協議・調停・審判の経験が豊富ですから,個別のお客様ごとにベストな解決案をご提案することもできます。

柏にお住まいで,相続問題,遺産分割問題でお悩みの方は,ぜひ弁護士法人心ご相談ください。

当法人の中でも,相続のお悩みの解決を得意としている弁護士が,ご相談に対応させていただきます。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

遺産分割でのトラブルを防ぐために

身近な方が亡くなった場合に必要な手続きの一つに,「遺産分割」というものがあります。

遺産分割というのは,相続人同士で話し合いなどを行い,残された財産を分配することを言います。

これがスムーズに進めばよいのですが,残念ながらそうはいかないこともあります。

たとえば分配方法に関して揉めてしまうということもありえますし,そうでなくとも遺産分割の方法がよくわからず話が進まないということもありえます。

遺産分割そのものには特に期限が定められていないとはいえ,他の手続きには期限が定められていることがありますので,のんびりしているわけにもいきません。

スムーズに,そして失敗がないよう進めるためにも,相続に詳しい弁護士にご相談いただくのがよいかと思います。

こちらのサイトでは,柏で遺産分割に関してお悩みの方,弁護士に相談することをお考えの方に向けてさまざまな情報を掲載しています。

遺産分割に関する手続きの流れやお役立ち情報,弁護士を選ぶ際の事務所選びのポイントなども掲載していますので,遺産分割のことでお困りになっている方はぜひご覧ください。

当法人に遺産分割のことをご相談いただいた場合,相続に詳しく集中的に案件を取り扱っている弁護士が皆様のご相談をお伺いします。

弁護士が表に出ない形でのサポートもさせていただけますので,円満解決を目指す場合にはその旨をお気軽にお伝えいただければと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ