柏・流山・我孫子 周辺で遺言のご相談なら,弁護士法人心柏駅法律事務所まで

遺言サポート@柏駅

お客様相談室

選ばれる理由へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

新着情報

遺言書作成を弁護士に相談すべき理由

1 弁護士だからこそできること

遺言作成に関与する専門家は,弁護士以外に,司法書士,行政書士等がいます。

これらの専門家の中で,あえて遺言作成を弁護士に相談すべきである理由は,弁護士だからこそできることがあるからに他なりません。

弁護士は,法律の専門家として,あらゆる紛争案件に対応しています。

このため,遺言作成に当たっても,過去の紛争事例を参照し,将来,紛争が生じないようにするためにはどのような遺言を作成すべきかについて,アドバイスをすることができます。

このように,将来の紛争を避けるためのアドバイスを得た上で遺言を作成することができるのが,遺言作成を弁護士に相談すべき理由になります。

2 将来の紛争を避けるためのアドバイスの例

遺言についての紛争は,多くの場合,遺言無効確認か遺留分減殺請求のいずれかになります。

したがって,遺言を作成するに当たっては,どのようにすれば遺言無効確認,遺留分減殺請求等の紛争を避けることができるのかを検討するのが望ましいです。

ここでは,遺言無効確認の紛争を避けるためには,どのような対策を行えば良いかについてのアドバイスの例を紹介したいと思います。

遺言無効確認の主張は,①遺言の内容が不明確であり,合理的に解釈することができないと考えられる場合,②遺言を作成した時点で,遺言者が判断能力を失っていた可能性がある場合,③遺言の筆跡が本当に遺言者のものであるかどうかが分からない場合になされます。

遺言の内容が不明確であるとの主張がなされることを避けるためには,一義的に明確な遺言を作成する必要があります。

また,遺言を作成した時点で判断能力を失っていたとの主張がなされることを避けるためには,医師の診断書を取り付ける,公正証書により遺言を作成する等の対策が考えられます。

遺言の筆跡が本当に遺言者のものかどうか分からないとの主張がなされることを避けるためには,遺言書に実印を押印し,印鑑証明書を添付する,遺言作成時の録画等を残す,公正証書により遺言を作成する等の対策が考えられます。

このように,遺言作成時に必要な対策を行っておくことにより,将来,遺言についての紛争が発生することを避けることができます。

3 遺言についてのご相談

弁護士法人心柏駅法律事務所の遺言の案件を承っております。

当法人は,将来,遺言についての紛争が発生することを避けるためにはどのような対策が考えられるかについても,助言をさせていただいています。

遺言の件でお困りのことがあれば,当法人にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

柏で自筆証書遺言の作成をお考えの方へ

自筆証書遺言は,ご自分でご用意することができるという点で,多くの方にとってとても身近な遺言書の形式であると言えます。

自筆証書遺言は,自分一人で作成できる手軽さがある反面,法律上決められた要件を備えないと,遺言の効力が認められない危険が大きいものです。

また,一度有効な遺言を作成しても,後から加除訂正を行いたいと考え,適切な方法で訂正できていなかったような場合には,それにより有効だった遺言が無効になってしまうことがあります。

自筆証書遺言は,公証人役場で作成しなくてもよいという手軽さの反面,厳格にその要件が規定されているのです。

効力が法的に認められていない遺言を作成することにより,遺族間でトラブルが発生してしまうこともありえますので,遺言を作成するにあたっては注意が必要です。

自筆証書遺言を作成される際には,後で無効なものであると判断されないために,弁護士の関与のもとで作成することをお勧めします。

弁護士法人心では,柏にお住まいの皆様の遺言の作成や診断を承っております。

柏にお住まいの方も,遺言に関してお困りの際は,弁護士法人心にご相談ください。

適切な遺言書を残しましょう

遺言書というのは,適切に用意することができれば残された方々にとって相続をスムーズにしてくれるものになるかもしれませんが,書き方を誤ってしまうと思わぬ争いの種になってしまうおそれもあります。

せっかく遺言を残すのですから,きちんと効果があり,自分の思ったとおりの結果になるようなものを残しましょう。

こちらのサイトでは,柏市やその周辺にお住まいの方々に遺言のことを知っていただけるよう,弁護士法人心が遺言に関する情報を掲載しています。

遺言書作成のルールというのは法律で決められているため,そこから逸れないようにする必要があります。

また,「書いてあるとおりに相続できるかどうか」「書いてあるとおりに相続をした結果どうなるか」ということも想定しながら書かないと,思わぬ事態になってしまうこともありえます。

「もしかしたら効果がないかもしれない」というような遺言書を残すのは,やはり不安ですよね。

安心して残すことのできる遺言書を作るためにも,相続を得意としている弁護士にご相談いただくのがよいかと思います。

弁護士法人心では,相続案件を得意とする弁護士が遺言に関するご相談を承っています。

加えて税理士等との協力体制も整えているため,相続した後のことまでしっかりと配慮した遺言書の作成をお手伝いすることができます。

残された方々にきちんとご自分の意思を伝えるためにも,当法人に遺言書の作成をご相談ください。

一人でも多くの方にお気軽に弁護士法人心にご相談いただけるよう,遺言に関するご相談は,原則相談料無料で承っております。

お問合せ・アクセス・地図へ