柏の『相続』は心グループにお任せください

相続トータルサポート@柏駅

不動産を相続する手続きについてのQ&A

  • 文責:所長 弁護士 鳥光翼
  • 最終更新日:2021年2月19日

親が亡くなりましたが、不動産を持っていたかどうか分かりません。そういった場合は、どういう手続きをとればいいですか?

固定資産税の納税通知などを調べましょう。

不動産を所有している場合は、毎年役所から、固定資産税の納税通知が届きます。

ご家族が亡くなったら、その方の家の中の書類を整理し、固定資産税の納税通知がないかを確認しましょう。

もっとも、不動産の中には非課税のものもあり、非課税の不動産については、固定資産善の納税通知には記載がされない場合があります。

そのため、各市区町村で、名寄帳という不動産の一覧表を取得することが大切です。

親が遺言書で、私に実家の不動産を相続させてくれました。どのような手続きが必要ですか?

不動産の名義変更が必要です。

遺言書で不動産の所有者が決まっている場合は、その遺言書に従い、不動産の名義変更を行う必要があります。

遺言書の文言や、遺産をもらう人が誰かによって、誰が不動産の名義変更を行うのかが異なる場合があります。

遺産である不動産を取得する方が名義変更を行う場合があれば、遺言執行者という人が、不動産の名義変更を行う場合もあります。

遺言書が無い場合の不動産の相続手続きは、どのように進めればいいですか?

相続人同士で話し合いをして、誰が不動産を相続するのかを決める必要があります。

不動産を相続する人が決まったら、遺産分割協議書を作成し、不動産の名義変更を行うことになります。

仮に、不動産を売って、お金を分け合うことになったとしても、一度は相続人の名義に変更する必要があります。

不動産を相続するつもりがないので、放置しておいてもいいですか?

不動産を放置すると、管理責任を問われる可能性があります。

不動産を誰が相続するのかを決めないうちは、相続人全員の共有物という扱いになります。

そのため、不動産を放置して、何らかの問題が発生すれば、管理責任を問われる可能性があります。

もし不動産を相続する気がないなら、他の相続人に譲るか、相続放棄の手続きを取る必要があります。

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ