柏の相続は心グループにお任せください

相続トータルサポート@柏駅

相続開始後に親の入っていた生命保険を調べる方法

1 亡くなった親の生命保険は相続財産ではありませんが,その存在を知らないと困ることになります

⑴ 生命保険に関する情報が無いと,保険金を受け取れない

生命保険金は,被保険者が死亡した際に支払われるものです。

そのため,当然ですが,被保険者自身は保険金の支払い手続きをすることができません。

亡くなられた方(被相続人)が生命保険に入っていたこと自体がわからなければ,そもそも保険金の請求は不可能です。

保険金の受取人が保険金を請求するには,証券番号や保険金受取人の氏名,連絡先などの情報を保険会社に伝える必要があります。

そのため,生命保険に入っていること自体はわかっても,詳しい情報がわからなければ,保険金の請求は困難になります。

⑵ 生命保険金の請求権には時効がある

生命保険金は,保険会社に請求することで受け取れる金銭です。

つまり,生命保険金の請求権は,金銭債権ですので,時効があります。

消滅時効となる期間は生命保険会社が各自契約で決めていることが多いのですが,その期間を超えてしまうと,生命保険を受け取ることができなくなってしまいます。

2 生命保険を簡単に調べる方法はない

これまで述べたように,亡くなられた親が入っていた生命保険がわからないと,受取人(相続人であることが多い)の方は大きな不利益を被ることがあります。

それにもかかわらず,亡くなられた人が入っていた生命保険を簡単に調べる方法はなく,地道な調査をしなければならないのが現状です。

亡くなられた親が生命保険に入ったかどうかを調べる第一歩は,遺品整理です。

親が生命保険に入っていた場合,通常は「保険証券」や「生命保険料控除証明書」などの書類が存在します。

親が生前住んでいた家や,職場などにあることが多いので、遺品整理の際にしっかりと探してみる必要があります。

どうしても書類が見つからない場合(引っ越しや掃除などのタイミングで紛失してしまっている可能性もあります)は、亡くなられた親の銀行の通帳を確認します。

引き落としの履歴の中に,保険会社の名前と思しき名義がある場合,それは保険料の支払いであることが考えられます。

そこで,その保険会社へ問い合わせをします。

保険証券等の書類が見つからず、通帳の履歴からもわからない場合,遺品の中に保険会社からの郵送物や,保険会社の名前が入った小物(タオルやカレンダーなど)がないかを調べます。

もしそのようなものが見つかったら,保険会社へ問い合わせることができます。

3 相続人が保険会社問い合わせる際に必要なものがある

遺品整理などによって亡くなった親が入っていた生命保険の保険会社の目星がついたら、相続人との続柄を証明する戸籍謄本や故人の死亡の記載のある戸籍謄本、窓口に行く方の身分証明書などを揃えます。

これは,問い合わせをした人が本当に相続人であるかを保険会社に示すために必要となります。

具体的にどのような書類,資料が必要であるかは,保険会社毎に異なることもありますので,電話などで各々確認します。

必要なものを揃えたら,保険会社の窓口で問い合わせをすることで,亡くなられた親の生命保険契約の有無を確認することができます。

4 亡くなった親の生命保険に関するお悩みは弁護士法人心にご相談を

亡くなられた親が入っていた生命保険を調べるには,時間と労力が必要なだけでなく,専門的なノウハウが必要です。

そして,生命保険会社に対して,亡くなられた方の生命保険契約の有無を問い合わせる際に必要な書類,資料の収集にも専門的な知識が求められることがあります。

弁護士法人心では,相続を集中的に取り扱う弁護士がノウハウを共有しつつ,最適な問題解決の検討にあたっています。

亡くなった親が生命保険に入っていたのかどうかわからない,遺品の中から親の入っていた生命保険会社を調べることができるのか,どうやって保険会社に問い合わせをしたらよいのかなど,多くの疑問,不安について相談に乗り,ご納得いただけるまで回答し,サポートいたします。

柏で相続でお悩みの方は,お気軽にご相談ください。

選ばれる理由へ業務内容へ

スタッフ紹介へ

対応エリア